メタルマッスルHMBの成分の効果を詳しく解説

メタルマッスルHMBの成分の効果を詳しく解説

メタルマッスルHMBの成分の効果を詳しく解説

 

メタルマッスルHMBと他社のHMBサプリとの違いは、含有されている成分にあります。メタルマッスルHMBは筋肉の成長を促進する成分がバランスよく配合されているのが特徴です。

 

メタルマッスルHMBを飲むことで、筋肉の成長に必要とされる成分を効率よく摂取できます。

 

多くのサプリを組み合わせる必要がなく、初めて筋肉増量サプリを飲む人であっても手軽に始める事ができますよ。ここでは、メタルマッスルHMBに含まれている成分に付いて詳しく解説してきます。

 

 

HMBの効果

 

HMBの正式名称は「β-Hydroxy-β-MethylButyrate(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)」と言います。必須アミノ酸の一種であるロイシンからでる代謝物質です。

 

HMBは筋肉大陸のアメリカだと知名度が高い成分ですが、日本では2010年に販売を許可された新成分です。普段から筋トレをしている人でも聞いたことない成分ではないでしょうか。

 

HMBには筋肉合成を促進させる(タンパク質を筋肉に変える作用)効果があると科学的に証明されたことで、今注目を集めています。

 

そのHMBを業界トップクラスの配合量1,600mg含んでいるのが、メタルマッスルHMBなのです。

 

筋トレをしている人なら誰もが飲んでいるプロテインからもHMBを摂取することができます。しかしプロテインから作り出せるHMBの摂取量は5%にも満たしてないのです。

 

その理由はプロテインからHMBに変換されるまでの過程にあります。プロテインを摂取すると「プロテイン→ペプチド→ロイシン→HMB」の順で分解されます。

 

余計な工程が多くプロテインで筋肉をつける行為は、決して効率が良いとは言えなかったのです。

 

その点メタルマッスルHMBは、とても効率良くHMBを摂取できるメリットを持っています。メタルマッスルHMBは、1回(6粒)で1,600mgも配合されているため、高い筋トレ効果を発揮するのです。

 

BCAAの効果

 

筋肉の構成要素となる必須アミノ酸の「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」3つの総称です。HMBと同じように筋肉の分解抑制・合成促進に効果的です。

 

筋肉痛の軽減、疲労の減少にも効果が期待できまるため、BCAAはプロテインに次ぎ、大きな知名度を持ち愛用者が多くいます。

 

本格的な筋トレを摂取したい人には、重要な成分と言えます。

 

グルタミンの効果

 

非必須アミノ酸の一種で、骨格筋(関節を動かすための筋肉)に含まれるアミノ酸のうち、6割がグルタミンです。グルタミンには筋肉疲労の軽減効果があります。

 

そのため、筋肉の修復が必要となるハードなトレーニングでは、欠かせない成分と言えます。さらに疲れがたまりにくくなり、疲労の回復が早いだけでなく免疫力向上・整腸作用にも効果を発揮します。

 

クレアチンの効果

 

「アルギニン」「グリシン」「メチオニン」これら3つのアミノ酸が体内で合成されることで生成されるアミノ酸です。筋肉を収縮するときに使用されるエネルギー源として働くため、常に筋肉に蓄えられています。

 

ウエイトトレーニングなど瞬間的なパワーが必要とされる場面で、強い効果が発揮されるため、筋トレには必須の栄養素です。

 

その他のサポート成分の効果

 

黒ショウガエキス、黒コショウエキス、ビタミンE、フェヌグリーク、オルニチン、赤ワインポリフェノール、トンカットアリ、バイオペリン、シュリンPF、コエンザイムQ10

 

これらのサポート成分が、主成分を効率良く筋肉を作るためのサポートをしています。

 

メタルマッスルHMB公式サイト