メタルマッスルHMBは筋肉が付きにくい奴でも効果があるのか?

メタルマッスルHMBは筋肉が付きにくい奴でも効果があるのか?

 

 

どんなに筋トレをしていても、まったく筋肉がつかない。目に見えた結果が出ないと、モチベーションは下がってしまうものです。

 

「ジムに行く時間とお金のある人以外は無理」
「自己流でどんなに頑張っても、筋肉はつかない」
「体質的に筋肉が付きにくいから、努力をしても無駄になる」

 

こんな風に考え、筋トレを辞めてしまう人は多いのです。それでも諦めきれない人にこそ、メタルマッスルHMBを試してもらいたいですね。

 

筋肉が付きにくい人の原因

 

筋トレをしても筋肉が全然つかない人は一体何が問題だったのでしょう?例え少しの筋トレであっても毎日繰り返せば、筋肉が確実につく人もいます。

 

筋肉のつきやすさを決定している要素は「栄養」「筋トレ」「遺伝」の3つです。特に遺伝は、筋肉の性質に大きな影響を与えます。

 

「筋肉の性質」「骨格」「運動機能」このような運動機能に影響を及ぼす遺伝子を「スポーツ遺伝子」といいます。筋肉の性質は、遺伝により決定されるため一生変化することはないのです。

 

筋肉をつけるために必要な要因

 

筋肉をつけるために必要な遺伝要因は「筋繊維の数」「筋肉の種類」「ミオスタチン分泌量」です。遺伝要因以外では「テストステロンの分泌量」「筋肉の栄養」「正しい筋トレ」が要因とされます。

 

遺伝的に筋肉をつける条件を満たせないのであれば、それ以外の要因を満たすしかありません。

 

 

テストステロンの分泌が少ない

 

テストステロンとは、男性ホルモンの一種で重要な部分を占めています。骨・筋肉・性欲・バイタリティなどに作用する大切な男性ホルモンなのです。

 

このテストステロンの分泌量が多くなると、筋肉に上手くタンパク質を取り込む事ができるため筋肉量が増加するのです。同じような「食事」と「運動」であっても、このテストステロン一つで大きな違いが生まれてしまいます。

 

このテストテロンは、メタルマッスルHMBに含まれる「トンカットアリ」によって分泌を促進されます。

 

筋肉に必要な栄養が不足している

 

筋肉をつくる栄養素必須アミノ酸が不足することは、筋肉の分裂・減少を引き起こします。「筋肉のゴールデンタイム」と呼ばれる筋トレ後30分以内に、栄養を摂取する必要があります。

 

メタルマッスルHMBには、この栄養のもととなるBCAAがサブ成分として含まれているのです。

 

まとめ

 

メタルマッスルHMBの主成分HMBは、筋肉を作る栄養にはならないものの「筋肉の作成」「筋肉の分裂抑制」と言う重要な指令を与えます。

 

そのため筋トレの効果が増加し、筋肉の分裂・減少を防ぐ事ができるのです。このようにメタルマッスルHMBは、筋肉をつけるだけでなく筋肉の増量を促す作用が多く含まれています。

 

メタルマッスルHMBは今までどんなに筋トレをしても筋肉がつかず、諦めていた人こそ試す価値がある筋トレ専用オールインワンサプリなのです。